家庭教師を考える

少子化の影響で現在は選ばなければ誰でも大学に入れるといった大学全入時代になりました。多くの人はそれでは意味がなという人もいることでしょう。偏差値の低い大学を出てもいい就職口はない、というものです。下手に誰でも入れるような大学に入るよりも専門学校のほうが手に職がつくだけましだという声もあります。

しかしそれでも大学に入ることができるのであれば大学に入ったほうがいいでしょう。そのような偏差値の大学に入るのであればまずは大企業への就職はあきらめていますから中小企業への就職でかまわないと思います。また専門学校に行くよりも、先々で専門卒よりも大学卒という学歴は必ず生きてきます。そして大学卒の資格がないと受験する資格が無いという資格試験もたくさんあります。要は学歴があるかないかで人生の選択肢の数が全く違ってくるのです。ですから、全入時代だから、受験戦争が楽になったということはありません。少子化では大学もレベルを保つために定員を絞ってきますから難易度は変わりません。

高校生は今まで以上の勉強を強いられますし、現在は中高一貫教育が人気です。そのために小学生から受験勉強が必要です。親としては家庭教師がいいのか塾がいいのか思案のしどころであると思います。家庭教師も塾も、どちらもお金のかかることですからどちらか一つにしたいのが本音です。そして家庭教師と塾とどちらが子供にとっていいのか、学力をつけるのはどちらがいいのかここでじっくりと考えてみたいと思います。